SSブログ

当主の随想 Ⅲー3 [吉村家住宅あれこれ]


事実、この家が戦前国宝に指定されたときは、はじめ奥座敷

のみを美術工芸品として、部分的に指定する考えだったが、

当時民家の再評価の機運があり、環境も含めた「民家」として

初めての指定となったのである。


欄間の透かし彫りもクギかくしも、デザインがひとつひとつ

ちがう。

奥庭には深々とハゼの落ち葉が散り敷いて、散り残った紅葉が

深紅である。立方体の手水鉢も贅肉がなくていい。


わたしはすっかりいい気分になったが、この家をお守する吉村

さんは大変だろう。

「いやー。この家にうまれたときからきめられたことで、選択

自由はなかったんですし、といっても宿命というはどの暗い

感じも持ってはおりません。

ただ、私生活と古い民家の維持とはきっぱり分けていこうと

思ってます。私生活と別に保存会をつくって、見学料などは、

そちらに入れて維持費や補修費に積み立てております。

でもわたしがこの家の保存に本腰を入れたのは三十台の半ば

過ぎでした・・」


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。