SSブログ

当主の随想 Ⅲー4 [吉村家住宅あれこれ]


それから、吉村さんは面白いことをいった。

「古い家はどこでもそうだと思うんですが、こんな古い家を

きょうまで持ちこたえたのは、たいてい主婦の力じゃないでし

ようかね・・」

河内平野の富裕な大庄屋であった吉村家も、明治維新では

武士に高額の金を貸していたのが踏み倒され、困窮した。

近親集まって、家も縮小することにと話し合った。

そのとき、たったひとり反対したのは当時の主婦、「ゆう」

あさんだったという。 「わしは近いうちにお墓にはいって

ご先祖におめにかかるが、家をこわしたとあってはどないいう

て申し開きしたらええか?お前らもそのうちお墓にはいるが

どういう気か?」と粘りぬいた。

これには親戚一同も弱りはて、この家は無事に残されたので

ある。吉村さんの四代前の主婦だという。


ゆうさんは大変な女傑だったらしく、いつも白ハチマキを

しめて台所の長火鉢の前で、立て膝になり、長セルをもって

指図していたという。出入りの者たちはあまりに怖くて顔も

あげられず、ろくに顔を覚えた人もないというほどだから、

よほどすごい女丈夫であったのであろう。こんな女にかかると

たいていおとこなんか歯が立つまい。

                      (つづく)





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。