SSブログ
前の10件 | -

当主の随想Ⅱー7- [吉村家住宅あれこれ]


母が島泉に帰るとき私たち末の子どもを同伴しないことは、

おそらく一度もなかった。

とくに長い夏休みの殆どをそこですごすことをが恒例となって

いたから、母の帰った後でも、吉村邸はわがもの顔にふるまえ

気ままなすみかであった。


それにしても、母の帰郷はそんなに始終あるわけではなかった

から、祖父や祖母が愛する一人娘と、その子たちに示す歓待

ぶりは、どんなに熱いものであったことか。

納戸の陰でこっそりお八つを食べさせらりたりもした、

そんな祖母偏愛が、いとこ達への気持ちの負い目に知らず

知らずになっていたことなど、今だから書いてもいいだろう。


それは、嫁家先での心労の多い一人娘へのふびんさといたわり

の、裏返しであったのだから、みんな大目に見てくれるだろう。


けれども祖父の場合は少し事情がちがった。祖父には風貌にも

気質にも一徹な古武士の風格があった。

世間知らずで、案外無邪気なところがあったけれど、愛情の

表現がぎこちなくて幼い孫たちの気おくれと面映ゆさを誘った。


そんな祖父が時折思い出したように、臥遊軒(祖父の画室)へ

外孫を呼び寄せ、到来物の羊かんを大切そうに切って食べさせ

ことがあった。けれども、とっておきの羊かんが こちこち

に乾いていたりかびくさくなっていることに気がついて

いなかったか、頓着しなかったのか、どっちにせよ、正座して

羊かんをいただくときの、有難迷惑といっては無かったので

ある。

                                  (つづく)








当主の随想Ⅱー6- [吉村家住宅あれこれ]

(続いて、同文集の寄稿から)


        祖父の死と茶粥と

            里 井 陸 郎 (赤松の孫)


  私は 母と祖父のどちらの死に目にも会えなかった。

遠い田舎の高等学校に在学して、危篤の知らせを受けて、

帰るのに半日以上もかかったからである。


 母は私が十七歳の年、晴嵐の吹く晩春の日に京都で他界し、

それから二年あまり後、秋深い河内野の朝、祖父は母の後を

追った。

心臓の発作で苦しんだ母とは違って、老衰の安楽な往生で

あった。

「陸ボンさんをずっと待ってはったんや」梅廼家のおとみが

勝手な想像を言って私を慰めた。


  秋つ陽のかがよう野路を帰り来て瞳を凝らす土間の暗みに

  船酔いに食うべ来ざりし朝飯のをそきをはめり涙ながれて

  とろとろと熱き茶粥をすすりつつ涙ながれていたりけるかも

  なげきつつ茶粥をすする厨辺の天窓の上の深き空かも

  厨辺に膳片寄せてわがすする茶粥は秋のさびしさなるも

  蒼き空果てしもあらずふかまりて秋の最中のわがなげきかも

                   (昭和十七年作)

           祖父の死を詠んだ後年の連作である。



 その日の朝は空が澄みきっていて、夜の船旅に眠りの足り

なかった私の眼には陽の光が眩ゆすぎた。そして、あの冷え

冷えとした上がり框の土間に佇って、しずもった家の気配を

たしかめようとした時の、立ち昏みにも似た一瞬の暗がりの

ことが、いまだにありありと思い返されてくるのである。 


そして、この暗がりの記憶は、高鷲駅とか後には恵我之荘の駅

ら野路を越えて吉村邸にたどりつくときの、いつものあの

「母の生家」の感触そのものに違いなかった。

奥まった軒の深い庇からとどく光は乏しいが、そこには、

私たち母子を待ち迎えている安らかなぬくもりがあった。


息を吹きふき啜った茶粥のなつかしい味と香りは、今も身に

沁みついてはなれない。

                      (つづく)









  


 

当主の随想Ⅱー5- [吉村家住宅あれこれ]


大正の末、大家族の紐帯であり、私達外孫のアイドルでもあっ

祖母が急逝してから祖父は俄かに気落ちしたようであった。


叔父 松坪のひたむきな孝養と、赤松の画業への執念が赤松を

立ち直らせた。


しかし、祖父の愛は、離れ住むことの久しい一人娘である

私たちの母に傾斜していった。

そしてついに、昭和の初年、京都下賀茂に隠棲していた私の

父母の近くに、比叡山を望む借家を 仮住まいの場所ときめ、

お手伝いを連れて祖父は移り住むことになった。

 僅か三カ月程であったが。


生家を離れて他郷に住むなど、祖父の生涯にかってなかった

ことである。

嫁してのち、子供たちのように自由に生家に往来できなかっ

た母にとってもまた、このことは父との千載一遇の機会であ

った。

 祖父と母とは毎日のように会った。


母とは一回りも年が違うたった一人の弟で、私たちも生涯

「兄ちゃん」と呼び続けた叔父 松坪もまたしばしば二人の間

に介在して、母の背を撫で、肩を抱くようにして、二人の逢瀬

を助けた。


三人とも天上にあるいま、束の間とは言え、おそらく酔うよう

至福の境地に、親子,姉弟をおかしめてくれたであろう、

あの瞬間、瞬間について、神々に感謝しないではいられない。


心臓の悪かった母はその後二年足らずで四十九年の短い命を閉

じるのだが、逆縁に遭うことになった祖父の落胆は、はた目に

無残であったらしい。


二年半ののち娘のあとを追うことになるのだが、

それにも拘らず気力をふるって、終焉の直前まで絵を描き続け、

ひととき画業を止めたことは聞かなかった。


それどころか、筆力はいよいよ充実し、絶筆となった、松を描

いた屏風の水墨は、絵を解しない私にも感銘を与えるほど雄渾

あった。

それは祖父の死の床をめぐってさかしまに置かれていたが、

南画と共に生き抜いた祖父の生涯の象徴のごとくであった。


ちなみに「吉村家歴代画業展」に出展された遺作のうち

「柳蔭垂釣」と題する晩年の南画は、私が祖父の傍らで墨を

すり、描いてもらったものである。

「お前には勿体ない」と言って、赤松翁の絵を誰よりも愛でた

私の亡父に横取りされていたものである。

               (関西国際空港ビルデイング社長)





 



当主の随想Ⅱ-4- [吉村家住宅あれこれ]


(続いて、同記念文集に寄稿の一人より)



        回 想 の 赤 松 翁    

                里 井 達三良 (赤松の孫) 


 私の兄弟誰もがそうであったが、とくに私は物心ついてから

小学校に上がるまでの期間の殆どを、われわれが「河内」と

呼んでいた、母方の祖父の家で過ごした。

たまさか、「和泉」の生家へ帰ると、自然に河内弁が出て、

皆から「河内の子」とからかわれたりした。

「河内」は私たち外孫の宝であったし、「河内」でのお目当て

祖母叔父松坪(ショウヘイ)とであった。


終日「臥遊軒」と呼ばれた離れの画室に端座して画業に精進

する祖父赤松(セキショウ)は、子供心にも苦手であった。

国宝に指定され、解体復元されて今は無くなった懐かしい大き

な台所に君臨して、大家族の家計を切りまわしていた強く優し

い祖母の周辺には、いつも花園のようなかぐわしいふんいきが

漂っていた。

この花園と凛然たる画室との間を常に連携するのは、

「愛情の人」叔父松坪だったのでである。


幼いころの私の記憶に残る祖父赤松の最初の俤は海軍士官の

よう制服に短剣を吊った長身痩躯の、陵墓官としての姿で

あった。


祖父は時折、人力車に乗って近くの雄略帝陵をはじめ近隣の

御陵を見回っていたようである。私は雄略天皇陵の堀の前の

坂道を人力車帰ってくる祖父を迎えに出た記憶がある。


また陵墓官時代の祖父の有名な逸話として、明治天皇が御陵

巡拝に行幸された折、慣れない敬礼の仕方に迷い、左右の手を

一挙にあげたというユーモラスな話が伝えられている。

天皇を尊崇する念の強烈であった祖父としては、千慮の一失で

あったろう。(*1)


祖父は尊王の志が篤く、国学者のように謹厳な人であったが、

一面ユーモアを解する人だった。

年中火鉢に炭火を活けて玉露をたしなみ、夜は晩酌を楽しん

だが、時折呼ばれて、汗をかきながら苦い茶を飲まされ、話の

相手をさせられることがあった。中学生のころだったか、

おもしろい話はないか、というので、落語で聞いた相撲の話を

したことがある。

 「関取、関取、今場所の相撲はどうでごんした。-勝ったり

負けたりでごんした。-それは結構なことでごんしたな。

ーいやいや、 向こうが勝ったり、こちらが負けたりでごんし

た」というようなやりとりが重ねられて、「今場所は土つかず

でごんした。-休んでばかりでおりゃんした」

で終わる 他愛もない話に、祖父は膝を打って高笑いし、

その後も「達公あれやってくれ」と何回となく催促された。


膝を打って笑うのは祖父の癖で、全身で笑う無邪気な姿は、

逆境のでも、生涯変わることはなかった。奇妙なことだが、

祖父の笑顔思い出すたび、私は今でも涙ぐむことがある。

                                 (つづく)

       (*1 明治天皇の巡拝は明治10年、その時赤松は20歳)








                  


当主の随想 Ⅱ-3- [吉村家住宅あれこれ]

 

父母を神仏にひとしいほどに崇敬し憧憬した 松坪は、まさに

情の人であり、平和の人であった。作品そのものでなく、画人

気質の比較でいえば、松坪こそ歴代中白眉の、一芸に打ち込

気質を豊かに持った人であろう。


終生絵筆に関すること以外、念頭になかった。というより他事

思う余地は残っていなかったとさえ言えるかも知れない。

  赤松は、画は自らの人生においては余技である観じ、その故

高雅な精神世界に到達し、晩年は悠々と別世界にあるかの如

風格を湛えるにいたった。


一方写生を基本として出発し、心情としては一貫して画人以外

なにものでもなかった松坪とは 風貌、骨格は年を追って

相似しがら、到達した境地は相隔たること甚だしい。


しかし、つぶさに見ればやはり同根であり親子であると痛感

させれる、現に松坪晩年における水墨画などの、いかに

赤松直伝の風趣であることか。

 その松坪もまた、内には明治生まれの特質を豊かに蔵して

いる思われるところが多々あった。柳の如く柔軟でありなが

ら竹の如き反発力、強靭さを備えた側面を見たこと しばしば

である。


 晩年、世間的なことは一切を 倅にゆだねてなんのためらう

ことなく、ただひたすら絵筆を揮るっていた父をただただ懐か

つつ、その生前の約を果たして、撫松、赤松の遺墨を展観

しえたこと喜びとし、併せて松坪までを追悼する結果となっ

たこと悲しみつつ、古く永く続いた画人の系譜の、最後を

承る者として感想を閉じようと思う。


━追記━ 拙文の題名ほ父松坪の日誌の表題を、そのまま用いたものである

               昭和五十四年十一月一日 記


 

        











当主の随想Ⅱ-2- [吉村家住宅あれこれ]


 さらに、「陳列」という独特の形があった。

果物など頂くと、必らず画室の床の間に飾って眺めることを 

楽しんでいた。

時として、腐ってしまうまでお下げ渡しにならぬこともあり、

まず大抵は変形直前まで陳列されていたものである。

 この陳列品を もののみごとに処分してしまえる人が一人だけ

いた。 「北村の伯母さん」と呼んでいた赤松の姪である。

姪の母(赤松の姉・日置家)が早く未亡人になって、わが家に戻って

いたので、北村の伯母の里帰り先はわが家であった。


やってくると忽ち、子供たちを呼び集めて陳列品の大盤振舞いで

あった。 かって「北村王国」とさえ言われた北村家は泉尾新田

を開拓し、難波周辺に広大な土地を持っていた家の主婦らしく、

実におおらかな人柄であった。いかな祖父もこの人には参って

いたようで、「こりゃかなわんな」と苦笑いしながら見守っていた

ものだった。


昭和九年の秋、眠るが如くであった赤松の大往生は、古き良き時代

の終末を告げるものでもあった。

赤松の死とともに、古い家系に残されていたもろもろの伝統、習慣

は殆どすべて消滅したと言っても過言でない。

それは、何よりもまず、父松坪は赤松とは全く対照的で、
天衣無縫、固苦しいこと、形式ばった言動を最も嫌う人柄で
あったせいでもある。

                         (続く)



t当主の随想 Ⅱ ー1- [吉村家住宅あれこれ]

 

今回は、昭和54年11月に「吉村家歴代画業回顧展」を開催

した折、同時に作成した 記念文集「絵筆に生きた人々からの

抜粋です。


 堯 の父(画号「松坪」ショウヘイ)、祖父(「赤松・セキショウ

そのまた祖父(「撫松」ブショウ)いずれれも日本画を良くした人で。

 その思い出を綴っている。 


 (民家というものには、家の美しさなどとは別に 柱の一本一本に

 そこに 人が住んでいたという歴史が残っている。

 私的なことだが、その思い出も消し去ってはいけないと思う。

 かって古い家に住んでいた人達の、人への想い、家への想いの一端を

 どうぞ。)

 



   思ひ出づるままに -赤松・松坪を偲ぶー


                     吉村 堯


 一世紀以上も昔に世を去った撫松については、語り得る直接の

想い出のあろうはずもないが、幼き日々をその膝下に過ごす事の

多かった祖父赤松と、つい先年不帰の人となったばかりの父松坪

については、語り尽きせぬほどの追憶がある。しかし両者には甚だ

しく異なる趣があって、赤松は玉露の如く、松坪は甘露の如くで

あったと言えようか。


明治以前の気骨、風格を伝え、「家長」という名にふさわしい

当主像の最後を飾った赤松は、ただ一つ蜘蛛と雷が大の苦手と

いう弱点を持っていた。 厠から大音声あげて飛び出したり、

遠雷の響きとともにはやばやと離れ部室の臥遊軒から煙草盆を

提げて現れ、主屋の中心部のお家の間にある押入れのなかへ退避し、

雷の遠ざかるころには やすらかないびきが響くというほほえま

しい一幕もしばしばあった。

また、夜食と称して少量の晩食を、倅松坪の世間話を肴に、楽し

み楽しみゆっくりと摂っていた光景も思い出される。


父方の従兄の回想にある下賀茂仮住居の折、お供をして数カ月を

一緒に過ごしたが、そのころ対面した病身の伯母の、ほの白い

面差しを今も思い浮かべることができる。


母方の従兄の文中にでてくる「勲章」(* 1)は、私たち孫どもには

別段の儀式を要しなかった代わり、みごとな格差がついており、

姉たちのはまっすぐ立つことのできないほどの薄い羊かんであるのに

後から行った私にはその何倍もの厚さであった。 それでさえ世間の

厚さの半分にも及ばなかったが・・


*1 赤松は客があると、客に書画を描くことを所望することが多く、

    そのご褒美に羊かん一切れがもらえた。それを皆は勲章と言っていた)

                                        

(*2 撫松 1798(寛政10)~ 1869 (明治2) 

     赤松 1858(安政5) ~ 1934 (昭和9)

    松坪 1895(明治28)~ 1977 (昭和52)

 

                                   (続く)



                       

当主の随想ー6- [吉村家住宅あれこれ]

 前栽に面した、畳縁「鞘の間和む」で客と対座するときが、

私にとってもっとも心の休まり、和むひとときというか、

わが家にいるという実感を味わう時となって久しい。


かってここで、伊藤忠太博士は「古くてモダンな家だ」と

もらされたという。それを語り草にしていた父も既に亡き数に

入った。復元以前のわが家を知る者は私と妹の二人になった。

住居であった昔はやがて語り草としても伝わらなくなる。

そう考えると、わが家にかぎっては「復元修理」はまことに

価値あり、意義ある修理であった。


家は住み継いで維持すべきだ。別棟に住んでいては年々歳々

愛情が薄れ、民家の保存には望ましくない結果を生じやすい。

と考えるならば、一歩譲って、伝建地区、いわゆる町並み

保存地区のように、一定基準の下での内部改造、増築(仮設

工事として)を認めることはどうであろう。

重文民家の過半数を占める個人所有者は、文化財の名の下に

私権を制約される一方、補助は最低限にも満たぬ状況に追い詰め

られている。

ここ数年の間に重文民家の集いから10名の減、公有化の事実

がある。それが時の流れによる必然の帰結とされるなら何おか

いわんやであるが、

民家とは所有者のの心が通ってこそが真実ならば、せめて施策

に弾力性があってほしいものである。同じ思いを持つ全国の

所有者に代わって、重ねて行政当局に望みたい。同時に心ある

方々のご支援を心からお願いするものである。


想い余って筆の滑ったところも多々あるが、微衷に免じて何卒

寛恕されたい。


(全国重文民家の集い代表幹事)

                                                                         昭和60年2月1日 日本美術工芸


当主の随想ー5- [吉村家住宅あれこれ]

 居室部中央の仏間に今も神仏を祀るのは、われわれ家族の

心意気の表われでもある。

修理前にこの部屋で、解体修理担当の浅野清博士と対談し、

「復元修理の意義と価値ある保存修理」に関するお話を聞き、

とても感動した。お話の内容を今もなを昨日のことのように

思い出す。

素材の古さより、様式の古さを伝えることの意義は、年とともに

深く理解できるようになったが、わが家以降の民家修理がすべて

「復元第一」でなされているように見えるところから、疑問が

出てくるのである。


100%の復元は恐らく不可能であろうし、修理後も住み伝えたい

と望む所有者家族もあろう。 とすればもっと弾力性のある方向

も必要でないか。監督官庁としての方針を主体とするばかりでなく、

所有者と対等立場で話し合う姿勢、という面がもっと強く前面に

出てこないものかと行政当局に要望したい思いも生じる。

現実には補助を受ける立場としての所有者はまことに弱いもので

あるだけに・・・


さまざまの想念を抱きながら客室部に入ると、皮肉なことに、

殆ど立ち入りを許されなかった幼いころの記憶のままにここに

残っている。


面取りの床柱、壁面の絵、襖の絵、杉戸の絵、透かし彫りの欄間、

付け書院の銅鑼、襖の引手や釘隠し、障子の桟に至るまで、

さりげなく変化の妙を見せながら、全体としては簡素な趣を湛え

ている。これが数寄屋風書院造りの手法だろう。

細部にまで意匠を凝らしながらも、おおらかな骨太い造形感覚で

貫いた構成に、言い表しようのない魅力を感じる。

このようなのびやかさを楽しんだ人を先祖に持つことを誇りにも

思い、またこれを守ることの喜びを感じる。

                        

                                 (続く)







当主の随想ー4- [吉村家住宅あれこれ]

 大戸口のシンプルな冠木を仰ぎつつ敷居を越えれば、夏でも

ひんやりするほどの薄暗い空間がひろがる。竹すのこの 土天井

を縦横に走る大小の梁が支え、奥の釜屋に至るまでが柱無しの

土間となっている。


この見事な空間の拡がりの片隅に、さりげなく小さな 吊り部屋

を設け、その取り付け梯子に、壁面の装飾を兼ねさせている工夫は

実用一点張りでなく、実に巧みな演出である。いい意味での遊び心

がくみ取られ、おおらかなゆとりを持った構成間隔が窺われる。


それはまた、煙突を省略した「かまど」の機能的、効率的な造形

にも、古人の生活と知恵が結びついたデザインとして表われている。


約二十坪ほどの空間を広々と開放した土間向こうには、さっきの

吊部屋を左に備えて、広敷の板敷が伸びている。その中央に根を

生やしたように透かし彫りの衝立が収まっている。

実はこの衝立は、昔は土間の中仕切りの上にあった欄間なのだ。

これを見る時いつも思い出すのが、消え去って久しい昔の台所部分

である。


煙りと煤と蜘蛛の巣と、立ち働いていた人影が今も眼前に浮かぶ。

しかし同時に「復元修理」(*2)という修理方法への大きな疑問

も生じる。

それは家族達から住む家を奪い、「わが家」を日々遠い存在に

してゆくマイナス効果も持つからだ。そしてその後遺症が次の

世代により強く影響するだろう。古い時代の記憶が消えゆく現在、

マイナス効果への認識がより大切でなかろうか。


 居室部はまさに、江戸初期の農家を再現した感じで、竹簀子

の天井の下、素朴なあたたか味のある趣を見せ、実用に徹した

構造の力強さを示している。

   

(:2)民家などを解体修理する際、「復元修理」と「現状修理」の二つの考え方の

            修理方法 が考えられる

    前者は建築した当初の形に戻して復元する。後者は建築当初の形式が使用上不都合

           になり、増改修を繰り返すことによって、形に変化があり現在の形になっている。

           その姿のままに修理する考え方。


                                                                                                (続く)

    

前の10件 | -