SSブログ

当主の随想 Ⅲー2 [吉村家住宅あれこれ]


縁側の前は白い石を敷いた広い庭になり、前は門長屋で白壁と

障子とがことに真白だ。映画「沈黙」の奉行所の場面はここで

撮影された。

最寄りの近鉄恵我ノ荘駅で降りても、吉村邸は集落の中にかく

れており、道は細くまがりくねって、いささかわかりにくい。

それをいうと、吉村さんは「標識を出してやろう行ってくださ

る方はいろいろあるんですが、おことわりしてるんです。

観光バスできていただくところではありませんし・・ そのか

り何時間でも、一日じゅうでもくつろいでいただくところだ

うんです。 古い民家というのは・・」


大賛成だ。京都や奈良の名所のように、観光バスで繰り出して、

彫刻やら建築の部分やら庭やらを見て、さっとかえってゆくと

いうようなところではない。集落のまがりくねった細い道を

たずねながら、おとずれるべきところであろう。


そして、専門の学者はべつとして、なにひとつ手を抜くことの

なかった先人の生活の造形に全体としてふれることだと思う。

そこにはもう現代建築には求めることのできない歴史観が浄化

されて残っている。そのなかでばらぶら遊ぶのがよろしかろう。


                    (つづく)










この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。