SSブログ

当主の随想 Ⅲー1 [吉村家住宅あれこれ]

 

     作家足立巻一氏(*1)と当主の対談から、吉村家の

   主婦ことに話が弾んだのを記録されています。

          (関西電力発行 「ひらけゆく電気」

                   1972年12月号 より)

                       


         吉村邸の主婦たち

               足立巻一


  羽曳野市島泉の吉村邸は、重要文化財の民家としてあまり

にも有名だし、また、日曜、祝日には公開されている(*2)けれ

ど、大阪近郊で ここほど気分の静まるところもすくないという

ことは、存外に知られていないのだはないか? 


 こんどたずねた初冬の日曜日は、ことに天気がよくて、長い

白壁の塀の上には ハゼ紅葉が燃えていた。

主屋のカヤぶきの大屋根は急勾配をなして正午の日光をたっ

ぷり吸い込んでいたし、壁や障子は真っ白く陽ざしを照り返し、

木目のの浮いた太い格子はくっきりした影を描いており、

それらの形、色がそれぞれに光線を受けてやわらかく、しかも

きびしく調和している。


主屋は元和元年(1615年)の大坂夏の陣の兵火で焼けた

あとすぐに建てられたといわれるので、三百五十年ほどの歴史

を持つことになる。

もっとも、そののちいろいろ改造、増築されたのを、昭和二十

六年から三年間にわたる文化財保護修理で、建造当時の原型に

復元されたものだ。


その縁側で日なたぼっこをしながら、吉村堯さんと話し込んだ。

                               (続く)


(*1)足立巻一氏:1913~1985

          大阪芸大教授 小説家

          作品 :「親友記」「やちまた」「日が暮れて

                                        から道が始まる」 「足立巻一詩集」 

                                        など多数 

(*2)1972年当時は 日、祝日公開だったが、今は年2~3回

                   公開 (特別見学希望にはご相談に応じています)





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。