SSブログ

当主の随想ー2- [吉村家住宅あれこれ]

  現在の屋敷構えは、江戸期の 内屋敷 に当たる部分であるが、

約1600坪にわたって、外堀、介在山林、客室部庭園、等

を含め、母屋・客室部、長屋門、土蔵の四棟を、土塀で囲ん

構成である。そのすべてを現在では重文の指定を受けている。


建物の内、最も古い母屋・客室部が元和初頭の建設と推定され

る、長屋門、土蔵は寛政10年の改築である。

いずれも昭和の解体復元、または半解体の保存修理を終えて

三十余年、十数年を経ている.


何分にも建物は、大家族時代の遺物だから、現在では到底手が

回りかねて、ご先祖様には申し訳ないけれど最低限の手入れしか

できてない。


もともと個人ではどうにも十分な維持保存ができないからこそ 

指定を受けているので、これが当然と言えばいえる。心中まこと

に無念やるかたない思いでもある。


それはそれで、まずはわが家の建物たちのご紹介を。私なりの主観

をあえて貫きながら申し述べてみよう。


  平生は締め切っている長屋門だが、そのくぐり戸からお入り頂く

こととする。

総茅葺、入母屋のこの建物は、農村の長屋門としては古いそうで

、全体の趣がどことなく数寄屋を偲ばせる。例えば、庇の裏の

軒垂木の丸竹がリズミカルに配置されてあったり、くぐり戸が

片引き戸になっていて、門脇の供侍部屋に滑り込むようになって

いたり、いかにも当時の文化水準を物語るようだ。


                           (続く)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。