SSブログ

春の草抜き

春の草抜きが25日に、羽曳野街歩きの会の皆さんの

応援で、実施されました。 前庭の草抜きと、北の竹藪の

竹処理をやってもらいました。

好天で、暑かったほどです。不思議な事に行事のある日は

好天に恵まれます。

草抜き22.3-3.jpg



草抜き22.3-2-1.jpg


ありがとうございました。


春の公開 [イベント紹介]

吉村家住宅の春の公開が決まりました。


日時    2022年4月2日(土)10時~16時

             3日(日)10時~15時

特別展示  「吉村家当主 故吉村堯氏を桜の木の下で偲ぶ」

       (昨年11月に満94歳で逝去された当主 堯氏

        を偲んで、生前の写真や遺作を展示します)

入場料    無料

申込     不要

その他    コロナ禍の状況で公開できない場合もありますので

         ご了解お願いいたします。

        また混雑する場合は時間調整をお願いします。

 

        

桜満開のころと思われますので、お花見方々お出で頂けますよう

お願いします


中学生からの便り [吉村家住宅寸景]

昨年末、地域社会学習の一環で、中学生6人が

吉村家住宅へ見学に来られました。

質問事項も事前に届けてくれていました。

質問に答えながら、こちらからも、中学生に知って

もらいたいことを付け加えて、邸内のあちらこちらを

説明、見学してもらいました。

そのあとしばらくして、彼らから礼状と感想文が

届きました。

見学者-3.jpg

説明内容は少し難しかったかなと思ってましたが、

理解してくれていたようです。(今分からなくても、

後でいつか分かってくれることがあれば良い 

 と思っていたのですが)

「また観に来たい」「桜のころ観に来たい」

なども書いてくれていました。

若い人たち、ぜひ何度も何度も来てくださいよ。


(S)





当主が死去しました [お知らせ]

11月11日 当主吉村尭 が満94歳で死去いたしました。

本日14日 家族葬で見送りました。

生前に賜りましたご厚誼に深く感謝申し上げます。


(来年春の公開日に、堯の想い出展のようなものを 展示したいと

 思っております。まだ未定ではございますが)

 

「吉村邸」と言われていた頃から、「吉村家住宅」とよばれる最近まで、

この家を守り続けた生涯でした。

旧国宝に指定されたころ、10歳だった身で始めて、参観に来られた

方々を案内したとき以来、美術教師を務める傍ら「家」の維持、保全、紹介

に一生を捧げました。

「重文民家の集い」代表を永く勤め、国会請願なども含め、民家の維持の

困難を仲間の方々と訴え続けました。

活動は今は若い方々に受け継がれています。                    

樫の大木伐採 [写真]

木々の若葉が美しい季節です。

庭師の方に入って頂き、きれいにしてもらっています。

見違えるようになりました。

コロナに阻まれて この季節の吉村家を見て頂けないのが

残念です。


塀ぎわの 樫の木がすっかり大木になってしまい、

落ち葉でご近所の皆さんに大変ご迷惑をかけていました。

この際バッサリと伐採していただきました。

三日ほどかかりましたが、その一部を・・


鬱蒼と茂っていますが

IMG-0306-2.jpg

下枝を少しずつ払ってゆきます

IMG-0307-2.jpg

丸坊主になってきます

IMG-0314-2.jpg

IMG-0316-2.jpg

上から少しずつ切ってゆきます

IMG-0336-3.jpg

大木が小木になりました

image4-1.jpg

image1-1.jpg


image2-1.jpg

木片になりました

image3-1.jpg

年輪を数えると100ほど

image0-1.jpg

全部で7本伐採しました。

(S)


桜の下での草抜き作業 [お知らせ]

街歩きの会、保存会の有志の方々10数名で、

庭の雑草抜き大会を催してくださいました。

マスク着用で汗ばむ陽気、しかも「黄砂注意」の予報

でしたが、満開の桜のもと、2時間余りの作業のおかげで、

前庭はすっかり美しくなりました。

当分楽しい行事の予定が立たないのが残念です・・

草抜き1-1.jpg

2-1草抜き.jpg

草抜き3-1.jpg

(Y)


草抜き作業 [お知らせ]

桜も開花です。

3月30日(火)13:30~15:30に保存会メンバー

と街歩きメンバーの有志で、吉村家住宅の草抜きを実施します。

丁度 桜の満開日にもなるので桜見物も兼ねます。

一般の有志の方も大歓迎なので、草抜きを手伝おうと言う方

を、お待ちします。庭は広いです。  桜見物だけでもどうぞ。

写真は去年の桜

IMG_5269-1.jpg

IMG_5272-1.jpg

IMG_5267-1.jpg

(S)

3月の散策 [吉村家住宅寸景]

久しぶりに、好天に誘われて庭を歩きました。

堀の傍には、まだ水仙がさいている

IMG_5378-1.jpg

堀の先の方に、大きなサギが来ている(中央上部)

IMG_5383-1.jpg

裏に回れば、枯れ木の根につる桔梗が

IMG_5384-1.jpg

かりんの木は芽吹き始めた

IMG_5385-1.jpg

庭に回るとヤブ椿が

IMG_5388-1.jpg

IMG_5393-1.jpg

IMG_5395-1.jpg

内庭の水仙は西洋水仙?

IMG_5396-1.jpg

きれいに咲いているのは何の木?

IMG_5402-1.jpg

桜,モクレンはつぼみが膨らんできて

IMG_5399-1.jpg

もうすぐ、春は盛りに。

今年も 桜はきれいに咲くでしょう。皆さんに鑑賞して

頂けるだろうか?

(S)

保存工事 [保存修理工事]

昨日   「文建協」(文化財建造物保存技術協会)加藤参事と

前回茅葺きを担当してもらった大西工務店の方が

①茅葺屋根のカラス対策、②客間の壁のカビ対策のテスト

に来られました。

どちらも困っていたことです。

屋根作業は

IMG_5290-1.jpg

朝8時前にはもう梯子が準備されてありました。

IMG_5292-1.jpg

作業は(ステンレスの針金の輪っかを1mほどの竹串につけて)

これを50本ほど茅に差し込みます。

カラスがを嫌がるそうです

IMG_5297-1.jpg

屋根に上がる前にまっさらな靴に履き替えておられます。

IMG_5300-1.jpg

輪っかを差し込みます

IMG_5306-1.jpg

ついでに茅の乱れたところも補修して、

大屋根、客棟、門長屋に50本ばかり差し込み

終了です。

屋根の上部にも差し込みたいですが、足場が無いので

下部の手の届く範囲が限度です。


カビ対策は

IMG_5312-1.jpg

IMG_5314-1.jpg

新しい薬品(姫路城の壁に使用して効果あった)

をテストに散布しました。

客間南西隅の壁一枚に霧吹きで散布


困っていることに手を差し伸べていただき

感謝です。

ありがとうございました。


(S)

狭山池博物館の展示 [古文書]

大阪府立狭山池博物館で 今年も秋期の特別展を

企画しておられます。

吉村家所蔵古文書の中の「狭山池関係の絵図、古文書」

数点を展示したい旨申し入れあり、

昨日その予備調査に来訪されました。


江戸時代、吉村家は河内国丹北郡に属し

水利は狭山池の水下になってたため、

関係する 絵図、古文書がかなり残っています。

そのうち数点を確認して帰られました。


今年はコロナ問題で館の展示にもご苦労が多いようですが、

秋も深まる頃には無事実現することを願っています。


(Y)



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。