SSブログ
前の10件 | -

明治大学の見学 [イベント紹介]

昨日 明治大学の建築科の学生さん約30人が

見学に来られました。

5日ほどかけて、関西の建築物の研究旅行の一環

ということです。

16:00頃到着の予定が、見学が押せ押せになったのか

17:00頃到着でした。

秋の夕方は日暮れてもう薄暗くなり、照明設備の無い部屋内は

ことさら暗かったですが、学生さんは事前の資料を参考に、

熱心に見学されてました。

先生の説明が始まると一斉に畳に座って、じっと傾聴する、

その姿勢に、「学ぶ」ということを改めて感じました。


秋の陽ざしがどんどん傾く中、まだかまだか、と少々焦って待っていたことも

忘れて、 気持ちの良い見学でした。

(写真はまた撮るのを忘れました)

(s)



秋の公開終わりました [イベント紹介]

秋の公開が終わりました。

羽曳野市主催の 三民家公開には、

120名ほどお出でになり、好天の下

楽しまれました。

翌日は吉村家住宅保存会の皆様を久しぶりに

御招待して、ゆっくり楽しんで頂きました。

「FMはしもと」 のリポーターが突然来られて、

突然の取材や、

午後には、古民家改修、活用で有名なアレックス・

カー氏が重文民家の会の皆さんと一緒にお出でになり

ゆっくり鑑賞して行かれました。

沢山の民家を見られている氏が寡黙な中で、「この家は

特別に美しい」とつぶやかれたのが印象的で、うれしい一言

でした。

これからも静かに、大事に守ってゆきたいと改めて思いました。


羽曳野街歩きの会の皆さん応援ありがとうございました。

(s)









またまた草抜き

公開に備えて、27日に草抜きです。

今回も羽曳野街歩きの会の皆さんが応援に

来てくださいました。

庭が綺麗になりました。皆さんをお待ちします。


(前です)

IMG_0682.JPG

(あと)

IMG_0684.JPG


 秋の公開 [イベント紹介]

秋の公開を次の通り実施します。


Ⅰ.羽曳野市主催の公開

 1.はびきの古民家の日 三民家公開

   (畑田家、松村家、吉村家)

 2.日時   10月1日(土) 10:00~16:00

 3.入場料  無料

 4・吉村家は土間まで公開、VIDEO説明、口頭説明あり


Ⅱ.吉村家住宅保存会の公開

 1.保存会会員の皆さん限定の公開

 2.日時   10月2日(日) 10:00~16;00

 3.入場料  保存会会員無料

 

久しぶりの公開になります。皆さんのお出でをお待ちします。

両日とも会員の皆さんの応援をお願いします

大谷大学夏期講習

8月2.3の両日、大阪大谷大学の夏期セミナーが

吉村家で行われました。

 このセミナーは、吉村家の古文書の整理を目的に、

数年前から、夏期に恒例となっていますがここ2年は

コロナ禍で中断、今年3年ぶりに再開となりました。


家蔵文書のうちで未整理なもの、あるいは親類筋の他家

由来の文書などの整理、ラベル付け、分類が当面の

目的です。

馬部先生、飯沼先生,山中先生方が10数人の学生さん方を

熱心ご指導。


冷房設備は皆無、文書類が散ってはいけないので扇風機すらなく、開け放した部屋に時折入ってくる風だけが頼りの中で、師弟ともども汗びっしょり

声汗(涙?)ともに下るあつい2日間でした。

作業が一段落したところで、保存箱類の整備、防虫剤の

入れ替えなども実施して頂きました。


皆様お疲れさまでした。また来年!


(写真がうまく入らないのでまた後程)

 






草抜き [イベント紹介]

7月29日に吉村家住宅の草抜きが行われました。

今回も羽曳野街歩きガイド の会の皆さんが、10名ほど

応援に来て下さいした。

最高に暑い日にもかかわらず、草ぼうぼうにになっていた

前庭の草を、目を見張るほどきれいに抜いてくださいました。

男性陣は駐車場等で、草刈機を使っての草刈りでした。


熱中症に気を付けながら、炎天下の草抜き本当にありがとう

ございました。

次回は9月末の予定とのことです。

(余りの暑さに写真記録忘れました)

小学生の訪問 [イベント紹介]

先日、近所の小学生10人ほどの訪問をお受けしました。

生徒10数人ほどに先生2人と校長先生もご一緒でした。

熱心に説明を聞き、質問もあり、とても可愛い見学でした。

帰り際に、感想は?と聞くと、

「こんな家に住みたい」とか「また来たい」とか口々に

感想を伝えてくれました。

大きくなってからも、何度も訪問してくださいね。


それにつけても、その訪問の少し前に来られた

某大学の学生さんの見学が、思い返されます。

70人ほどが来られましたが、先生の説明も

十分に聞き取れないのか、三々五々勝手に見学されてました。

学生だから、大人だから節度ある見学だろうと思って

いたのですが、これが、これが文化財を見学する態度か

と、唖然とする状況でありました。


閉まっている襖を勝手に開けるのはまだしも、

大切な座敷の真ん中で、ほたえて寝転ぶ。

座敷から外廊下へ向けて書院の窓をまたいで飛び越えて出る。


ころげて、もし絵が描かれた襖をやぶったらどうするのでしょう?

書院を飛び越えるとき、つまずいて障子を破壊したら

どうするのでしょうか? 多分彼らは「そんなヘマはしないよ」

と、たいしたこととは思ってないのでしょうが。


これが今の大学生の実態なのでしょうか?


少なくとも、文化財に少しは敬意を払ってほしいと

管理する者は悲しく思いました。


小学生に思い比べています。


(s)



草抜き作業と筍狩り [イベント紹介]

今日は、街歩きの会の皆さんが、また草抜きに

来てくださいました。


終わったところで、皆さんで筍(淡竹)狩りに。

にょきにょき出てきて困っていたところです。

初めて筍狩りをした方もいらして、賑やかに楽しく

沢山採れました。

本当にありがとうございました。


もう少しすれば、今度は真竹(まだけ)の筍が

出てきます。それも採りに来ていただければ

嬉しいですが・・・

 

孟宗竹の一般的な筍とは違いますが、淡竹も

真竹も別の味で美味しいです。


(筍を放置していると、成竹になり、竹ヤブが

 密生し竹処理に苦労します)


 


春の公開おわりました

今年の春の公開が、終わりました。

故当主の追悼を兼ねての公開でしたので、

予想以上に沢山の方々にお出で頂きました。

教え子の皆さんも多くお出でいただき、教師という

職業のありがたさを改めて実感しました。


故当主の描いた絵を沢山庭に並べました。

絵が生き生きとしたように思ったのは思い込みでしょうか。

(日曜日はあいにく雨模様なので、泣く泣く部屋、土間

 に避難しました)


室内で遺影とともに、いろんな写真や著述も

IMG_5611-1.jpg


庭に絵を展示

IMG_5594 -1.jpg

IMG_5596 -1.jpg


雨になったので、室内へ

IMG_5608 -1.jpg


沢山の方の応援で、無事終了しました。

故当主も喜んでいたことでしょう。

ありがとうございました。



春の大掃除、展示の準備 [イベント紹介]

今日、春の公開に備えて、屋内の大掃除と

展示品の準備をしました。

今日も羽曳野街歩きの会の皆さんが応援してくださいました。

 

ほこりが相当たまっていたので、箒掃除の後、からぶきです。



IMG_0549.JPG

IMG_0555.JPG


男性陣は 故当主の遺作の展示の準備です。

沢山のイーゼルを市役所から借り出してもらいました。


室内展示を予定、作品を庭に仮に並べていたところ

絵が急に生き生きと見えたため、

展示場所を庭に変更することにしました。

(少々の劣化は了承いただきました)


当日雨が降らないように願います。

IMG_0551.JPG

IMG_0553.JPG


お疲れさんでした。

IMG_0554.JPG


今日もありがとうございました。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。