SSブログ

当主の随想Ⅱー6- [吉村家住宅あれこれ]

(続いて、同文集の寄稿から)


        祖父の死と茶粥と

            里 井 陸 郎 (赤松の孫)


  私は 母と祖父のどちらの死に目にも会えなかった。

遠い田舎の高等学校に在学して、危篤の知らせを受けて、

帰るのに半日以上もかかったからである。


 母は私が十七歳の年、晴嵐の吹く晩春の日に京都で他界し、

それから二年あまり後、秋深い河内野の朝、祖父は母の後を

追った。

心臓の発作で苦しんだ母とは違って、老衰の安楽な往生で

あった。

「陸ボンさんをずっと待ってはったんや」梅廼家のおとみが

勝手な想像を言って私を慰めた。


  秋つ陽のかがよう野路を帰り来て瞳を凝らす土間の暗みに

  船酔いに食うべ来ざりし朝飯のをそきをはめり涙ながれて

  とろとろと熱き茶粥をすすりつつ涙ながれていたりけるかも

  なげきつつ茶粥をすする厨辺の天窓の上の深き空かも

  厨辺に膳片寄せてわがすする茶粥は秋のさびしさなるも

  蒼き空果てしもあらずふかまりて秋の最中のわがなげきかも

                   (昭和十七年作)

           祖父の死を詠んだ後年の連作である。



 その日の朝は空が澄みきっていて、夜の船旅に眠りの足り

なかった私の眼には陽の光が眩ゆすぎた。そして、あの冷え

冷えとした上がり框の土間に佇って、しずもった家の気配を

たしかめようとした時の、立ち昏みにも似た一瞬の暗がりの

ことが、いまだにありありと思い返されてくるのである。 


そして、この暗がりの記憶は、高鷲駅とか後には恵我之荘の駅

ら野路を越えて吉村邸にたどりつくときの、いつものあの

「母の生家」の感触そのものに違いなかった。

奥まった軒の深い庇からとどく光は乏しいが、そこには、

私たち母子を待ち迎えている安らかなぬくもりがあった。


息を吹きふき啜った茶粥のなつかしい味と香りは、今も身に

沁みついてはなれない。

                      (つづく)









  


 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。