SSブログ

当主の随想ー6- [吉村家住宅あれこれ]

 前栽に面した、畳縁「鞘の間和む」で客と対座するときが、

私にとってもっとも心の休まり、和むひとときというか、

わが家にいるという実感を味わう時となって久しい。


かってここで、伊藤忠太博士は「古くてモダンな家だ」と

もらされたという。それを語り草にしていた父も既に亡き数に

入った。復元以前のわが家を知る者は私と妹の二人になった。

住居であった昔はやがて語り草としても伝わらなくなる。

そう考えると、わが家にかぎっては「復元修理」はまことに

価値あり、意義ある修理であった。


家は住み継いで維持すべきだ。別棟に住んでいては年々歳々

愛情が薄れ、民家の保存には望ましくない結果を生じやすい。

と考えるならば、一歩譲って、伝建地区、いわゆる町並み

保存地区のように、一定基準の下での内部改造、増築(仮設

工事として)を認めることはどうであろう。

重文民家の過半数を占める個人所有者は、文化財の名の下に

私権を制約される一方、補助は最低限にも満たぬ状況に追い詰め

られている。

ここ数年の間に重文民家の集いから10名の減、公有化の事実

がある。それが時の流れによる必然の帰結とされるなら何おか

いわんやであるが、

民家とは所有者のの心が通ってこそが真実ならば、せめて施策

に弾力性があってほしいものである。同じ思いを持つ全国の

所有者に代わって、重ねて行政当局に望みたい。同時に心ある

方々のご支援を心からお願いするものである。


想い余って筆の滑ったところも多々あるが、微衷に免じて何卒

寛恕されたい。


(全国重文民家の集い代表幹事)

                                                                         昭和60年2月1日 日本美術工芸


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。