SSブログ

当主の随想ー5- [吉村家住宅あれこれ]

 居室部中央の仏間に今も神仏を祀るのは、われわれ家族の

心意気の表われでもある。

修理前にこの部屋で、解体修理担当の浅野清博士と対談し、

「復元修理の意義と価値ある保存修理」に関するお話を聞き、

とても感動した。お話の内容を今もなを昨日のことのように

思い出す。

素材の古さより、様式の古さを伝えることの意義は、年とともに

深く理解できるようになったが、わが家以降の民家修理がすべて

「復元第一」でなされているように見えるところから、疑問が

出てくるのである。


100%の復元は恐らく不可能であろうし、修理後も住み伝えたい

と望む所有者家族もあろう。 とすればもっと弾力性のある方向

も必要でないか。監督官庁としての方針を主体とするばかりでなく、

所有者と対等立場で話し合う姿勢、という面がもっと強く前面に

出てこないものかと行政当局に要望したい思いも生じる。

現実には補助を受ける立場としての所有者はまことに弱いもので

あるだけに・・・


さまざまの想念を抱きながら客室部に入ると、皮肉なことに、

殆ど立ち入りを許されなかった幼いころの記憶のままにここに

残っている。


面取りの床柱、壁面の絵、襖の絵、杉戸の絵、透かし彫りの欄間、

付け書院の銅鑼、襖の引手や釘隠し、障子の桟に至るまで、

さりげなく変化の妙を見せながら、全体としては簡素な趣を湛え

ている。これが数寄屋風書院造りの手法だろう。

細部にまで意匠を凝らしながらも、おおらかな骨太い造形感覚で

貫いた構成に、言い表しようのない魅力を感じる。

このようなのびやかさを楽しんだ人を先祖に持つことを誇りにも

思い、またこれを守ることの喜びを感じる。

                        

                                 (続く)







当主の随想ー4-当主の随想ー6- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。