SSブログ

当主の随想 Ⅰ ー1ー [吉村家住宅あれこれ]

 

当主が94歳で亡くなって、一年経ちました。

この一年の間、遺品整理をしたりして 懐かしんでおります。


当主が時折 各所に書き残している文書などを読み返すうちに、

もう一度皆さんにも 読んで頂ければと思いがつのり、

一部をブログに転載することを考えました。週2回程度に順次

掲載します。


読みにくいところもありますが、できるだけそのまま転載致します。

 

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・


  「重文民家の記」ー指定五十周年を迎えて   吉村 堯


    (「日本美術工芸」569号 昭和61年2月1日)


 民家としては初めての指定文化財指定(*1)を、わが家が受けて

から五十年が巡ってきたのを機会に、代々の家族達よりはるかに

長く生きてきたわが家足跡を振り返ってみたい。

もとよりその道に携わる者でもなく、古民家を研究している

わけでもないから、単に わが家の紹介におわりそうであるが、

少なくとも「内なる者」としての私の実感だけは行間ににじむで

あろうと思う。


山からも海からも遠い、河内平野の南部、かっては典型的な農村

地帯であり、日照りの年の水争い以外は眠っているように平和で

あったろう村々のひとつ、河内国丹北郡島泉村がわが家の所在地

である。

東端に雄略天皇陵の円墳を有するこの村は、古く条里制の昔から

存在していたことが実証されている。


わが家の遠い昔の系譜については、伝承する記録の中には残って

いない。

郷土史家の説などによるしかないが、かって大塚山古墳を居城と

していた一族が織田信長の河内攻めにあって、刀を捨て帰農した

ものであるとされている。


後、天正年間には島泉政所(まんどころ・のちの庄屋)を、天領

時代は庄屋を、享保年間よりは丹北郡十八カ村の大庄屋を兼ねて

幕末に至ったことは家蔵文書に明らかである。


(*1 吉村家住宅は旧文化財法で昭和12年に、民家で最初の国宝指定。

           新文化財法で昭和25年に重要文化財に指定)


                                         (続く)










明治大学の見学当主の随想ー2- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。